【初心者向け】サラリーマンのためのおすすめ不動産投資ナビ » ルールを知れば失敗を回避できる! 不動産投資に失敗しないためのルール
Real Estate Investment

ルールを知れば失敗を回避できる! 不動産投資に失敗しないためのルール

サラリーマンが不動産投資で失敗しないためには、ワンルームマンションを選択するのがベスト。

物件取得費用が安く、年収400万円からでも投資が可能です。立地条件を厳選すれば、資産価値も下がりにくく、また需要があるため物件が空室になる期間が短いのも魅力。

しかし、ワンルームマンションの賃貸物件さえ選べば正解かということではありません。不動産投資にはさまざまなリスクがあります。

失敗しないためには、リスク回避と賃貸物件を管理する賃貸管理会社選びが重要になります。不動産マンション投資をする際に絶対知っておくべき知識をまとめています。

失敗事例から学ぶ不動産投資

どのような原因で不動産投資が失敗してしまうのか、失敗事例から具体的なポイントを学んでおくことが重要です。ここでは、不動産投資の失敗事例について幅広くまとめています。

失敗事例から学ぶ不動産投資
詳細はこちら

空室対策は一番重要

マンションは空室状態になると賃貸収入が得られません。

不動産投資は、オーナー自らが空室対策を管理するのは手間も時間もかかりすぎます。 また、自己流での空室対策は効果が期待できず手間暇かけたのに失敗するという最悪の事態にも。

ここは、賃貸管理のプロである賃貸管理会社に任せることが最適。 賃貸管理会社は多数ありますが、比較しやすいように空室対策や月額の管理費などを紹介していきます。

不動産投資の空室対策について
詳しく見る

賃貸管理会社選びに注意する

どの賃貸管理会社を選ぶかによって不動産投資の成功は左右されます。

調査もしないでなんとなく選ぶ、電話がかかってきたからお願いするなんて失敗へ一直線です。

重要な会社選びの際にチェックするべきポイントをまとめています。

賃貸管理会社の選び方について
詳しく見る

修繕費・維持費を予測する

ワンルームマンションの賃貸でかかる経費は、賃貸物件の取得費用だけではありません。

税金、維持費、修繕費、管理費などさまざまな経費がかかります。 このランニングコストを無視しては投資の収支ははかれません。 ワンルームマンションの賃貸の際にかかる経費を一覧にしました。

不動産投資先の修繕費・維持費
について詳しく見る

金利の上昇を想定する

現在は金利が低く、不動産投資をするにはチャンスです。

しかし、今後の未来もずっと金利が低いままということは考えられません。 不動産投資ローンの返済は、金利が上がった時でも耐えられるようにする必要があります。

金利の考え方と返済方法、利益を出すための方法を教えます。

不動産投資の金利の上昇
について詳しく見る

立地をどう考えていくか

ワンルームマンションを選ぶ上で、最重要ともいえるのは立地です。

少子化の影響、地価の上下など考慮して、ベストな場所にマンションを購入したいところ。 不動産投資をする上で、選ぶべき立地を記載しています。

不動産投資先の立地
について詳しく見る

地震が来たらどうなるのか

予測できず、なおかつ完全に回避することができないリスクとして地震があります。

リスクを最小限に抑えるために必要なことをまとめています。

不動産投資先の地震
について詳しく見る

家賃滞納リスクに備える

空室リスクと並んでオーナーを悩ませるのが、家賃滞納リスク。家賃収入が途絶える一方で、ローンの支払いや納税は続く厄介な事態です。

ここでは、家賃滞納リスクに対する事前の備え、および、家賃滞納リスクをめぐる賃貸管理会社の活用などについて解説しています。

不動産投資先の家賃滞納リスク
について詳しく見る

物件見学でチェックすべきポイント

物件見学では、建物自体のチェックと周辺環境のチェックを具体的に行います。実際に足を運ばなければ分からないことが多いので、十分な時間を取り、できれば複数回にわたって現地調査をしましょう。

あわせて、事故物件情報や犯罪情報などをチェックしておくことも大切です。

不動産投資先の物件見学で
チェックすべきポイントとは

不動産投資を制するにはまず情報収集から!

不動産投資において情報収集は重要な要素。どれだけ早く、どれだけ質の良い情報を得られるかが投資成功のカギとなります。どのように情報収集をするべきなのか、解説していきます。

不動産投資を制するにはまず情報収集から!
詳細はこちら

⼊居率99%超!
中古ワンルームマンション
投資会社を
ピックアップ!

入居率99%越えのワンルームマンション投資の仲介企業の中から、入居率が高い順に3社ピックアップしました。
それぞれの特徴とともに詳しく解説していきます。
※入居率は2021年3月31日時点のものを掲載しています。