空室対策は一番重要

不動産投資でもっとも考慮しなければならないのは、空室対策です。

マンションは空室状態にすることで、利益がどんどんさがってしまいます。

不動産投資は、オーナー自らが空室対策を管理するのは手間も時間もかかりすぎます。また、自己流での空室対策は効果が期待できず手間暇かけたのに失敗するという最悪の事態にも。

ここは、賃貸管理のプロである賃貸管理会社に任せることが最適。

ここでは、各賃貸管理会社の空室対策がどのようなものか紹介していきます。

空室対策、入居率が公表されているならその数字、そして、月額の管理費をチェックできます。

日本財託の空室対策とは

  • 日本財託の入居率:99%
  • 月額管理費:3,000円(税抜・1戸)

空室保証として査定賃貸下限の80%を保証してくれます。物件購入後5年間にわたって、解約日2ヶ月経過後から入居者決定までが対象となります。入居率は直近2年で99.0%から99.5%の間を推移しており安心できる数字です。

FJネクストの空室対策とは

  • FJネクストの公表入居率:99.1%
  • 月額管理費:公式ホームページに記載なし

テレビCMなどもよく見かける「GALA(ガーラ)マンションシリーズ」を展開する会社。公式サイトには入居率は記載あるが月額管理費や空室保証については記載がないので問い合わせが必要になります。

シノケンハーモニーの空室対策とは

  • シノケンハーモニーの入居率:98.9%
  • 月額管理費:8,000円(税抜・1戸)

CMでもおなじみの会社。取り扱う物件は主にワンルームマンションのよう。空室対策は35年間空室保証システムによりカバーして、不動産投資を失敗しないために、全力でサポートしてくれます。

GAテクノロジーズの空室対策とは

  • GAテクノロジーズの入居率:98.9%
  • 月額管理費:1000円(税抜・1戸)

AI(人工知能)審査による家賃債務保証サービスなど、面白い試みををしている会社。 賃貸管理の詳しい内容については公式サイトに記載はありませんでしたが、月額の管理費は1000円と破格。空室対策については特に記載はありませんが1000円の管理費に含まれるとは考えにくいです。

デュアルタップの空室対策とは

  • デュアルタップの入居率:98.1%
  • 月額管理費:公式ホームページに記載なし

東京23区内に立地する自社ブランドマンション「XEBEC(ジーベック)」をもつ会社。賃貸管理は、この自社ブランドマンションのみ対応。管理費の記載はありませんでしたが、家賃保証システムに関しては物件を借り上げるサブリース形式です。

青山メインランドの空室対策とは

  • 青山メインランドの入居率:%
  • 月額管理費:8,000円(税抜・1戸)

自社ブランドマンション「メインステージ」を持つ会社。自社物件以外の賃貸住宅の管理業務にも対応してくれる。 賃貸管理には3つの形態があり、ほぼ自分で管理する自主管理、クレーム処理や事務に対応する集金代行、空室対策もあるサブリースです。保証は設定家賃の90%を2年毎に更新となります。

ジー・ピー・アセットの空室対策とは

  • ジー・ピー・アセットの入居率:98%
  • 月額管理費:賃料の5%(1戸)

公式サイトは賃貸管理のサービス内容について詳しく説明されており、何をどれだけ対応してくれるのかがわかりやすいです。家賃保証は、確実くんというプランでサブリース形式の場合は、原則3年の間、査定賃料の85%が保証されます。

PIMの空室対策とは

  • PIMの入居率:97.59%
  • 月額管理費:4,000円(税抜・1戸)

自社ブランドマンション「ヴォーガコルテ」を持つ会社。PIMは手厚い賃貸管理サポートを提供が自慢。設備保証も含んだマスターリース契約であれば月々数千円で家賃対応保証を受けられるようです。

プレサンスの空室対策とは

  • プレサンスの入居率:公式ホームページに記載なし
  • 月額管理費:公式ホームページに記載なし

プレサンスの公式ホームページ上には、入居率や管理費、空室対策については記載がみあたりませんでした。賃貸管理は3つのシステムがあり、直接契約(賃借人と直接対応)・集金代行・借上システム(サブリース)となっているようです。

REISM(リズム)の空室対策とは

  • REISM(リズム)の入居率:公式ホームページに記載なし
  • 月額管理費:公式ホームページに記載なし

REISM(リズム)の公式ホームページ上には、入居率や管理費、空室対策については記載がみあたりませんでした。集客性や立地に優れた中古物件を仕入れ、リノベーションを施し、資産価値を高めて上で、不動産投資物件として提供するのがベースのようです。

プロパティエージェントの空室対策とは

  • プロパティエージェントの入居率:99.70%
  • 月額管理費:家賃の3.5%(1戸)

家賃対応率などの数字も公開していました。賃貸管理は集金代行サービス・家賃保証サービスと2パターンがあり、前者は空室保証はないですが家賃滞納が発生した場合には家賃を保証してくれます。後者は、部屋を借り上げる形で管理となります。保証金額や期間などは記載なし。

アセットリードの空室対策とは

  • アセットリードの入居率:公式ホームページに記載なし
  • 月額管理費:公式ホームページに記載なし

賃貸事業での月額管理費用は記載されていませんでした。空室保証に関しては、サブリースの形をとっているようですが、こちらも明確な記載はなし。 アセットリードで提供するマンション投資を「レジデンシャル投資」と呼称しており、グループ内の不動産賃貸事業部門が請け負ってくれます。

グローバルリンクマネジメントの空室対策とは

  • グローバルリンクマネジメントの入居率:99.44%
  • 月額管理費:公式ホームページに記載なし

入居数は、自社ブランドマンション「アルテシモ」シリーズのみの数字の様子。月額管理費は不明、空室対策は、サブリースシステムで、マンションを借上げして一般の入居者に転貸するシステム。最大35年7年毎に見直し、見直し金額は下限5%以内。

クレアスライフの空室対策とは

  • クレアスライフの入居率:99.76%
  • 月額管理費:3,241円(税抜・1戸)

賃貸管理グループ会社のクレアスレントで担当。空室対策は、借り上げシステムという形で、マンションを借上げして一般の入居者に転貸するシステムの場合は、査定金額の90%が家賃として保証される。保証期間は不明。

東京リバックスの空室対策とは

  • 東京リバックスの入居率:入居率99.62%%
  • 月額管理費:3,600円(税込・1戸)

賃貸管理グループ会社のシイ・アイ・シーで担当。空室対策は、家賃保証サービスという形で、マンションを借上げして一般の入居者に転貸するシステムの場合は、査定金額の90%が家賃として保証される。こちらは2年更新で査定額を見直される。

サラリーマンのためのワンルームマンション投資

現役著名大家たちが語る「不動産投資成功の法則」

ワンルームマンション投資のセミナーレポート

ルールを知れば失敗を回避できる! 不動産投資に失敗しないためのルール

注目のキーワード

TOP