修繕費・維持費を予測する

不動産投資には物件の購入費用の他に、月々の維持費や修繕費がかかります。

さらにプラスして賃貸管理会社に管理を依頼すると管理費がかかります。

不動産投資にかかる経費一覧

毎月の経費

1.管理代行契約に基づく「業務委託費(集金代行)」

2.建物の「管理・修繕積立金」

3.家賃送金時の「振込手数料」

4.エントランスや外灯など「共用部分」の電気代

年間の経費

5.火災保険料

税金

6.固定資産税・都市計画税(毎年)

7.不動産取得税(購入時1回のみ)

8.所得税・住民税(毎年)

臨時の経費

9.室内の設備・交換費用(エアコン・給湯器)

10.入居者退去時の内装費用

11.空室時の電気料金・水道料金

不動産投資に必要な経費・管理費

不動産投資は物件のオーナーつまり大家さんになることです。

大家さんには、入居者募集、契約締結、家賃の受け取り、トラブル対応など多くの業務があります。

不動産投資を副業・兼業で行うのであれば、これらの業務は、時間的制約を考えると極めて困難です。

専門的な知識やノウハウをもっている賃貸管理会社に依頼しないと管理はまずうまくいきません。

管理を依頼すれば業務委託費が発生します。管理の内容にもよりますが、清掃などの対応も含めた場合は賃料収入の5%程度が目安になります。

不動産投資に必要な経費・修繕費

修繕費は、建物の修繕・メンテナンスの費用です。

マンションは年数が経てば老朽化して、定期的に大規模修繕を行う必要があります。 大きな金額になるため、修繕積立金として何年も積み立てています。

この費用は、賃賃料収入の5%程度が目安です。

不動産投資に必要な経費・ローン返済

物件を不動産投資ローンで借りて購入しているなら、金融機関への返済があります。

金利4%で借り入れた場合、元本部分も合わせると借入額の6~7%が支払い費用になります。

当サイトでは、マンション管理士であり、現役大家である飯田勝啓氏に、管理の大切さについて聞いていますので、そちらも合わせて読んでみるといいですよ!

マンション管理士・飯田氏の
インタビューはこちら

サラリーマンのためのワンルームマンション投資

現役著名大家たちが語る「不動産投資成功の法則」

ワンルームマンション投資のセミナーレポート

ルールを知れば失敗を回避できる! 不動産投資に失敗しないためのルール

注目のキーワード

TOP