不動産投資初心者のための基礎知識

これから不動産投資を始めたいと考えている方のために、不動産投資や中古ワンルームマンション投資について知っておくべき基礎知識についてまとめましたので、ぜひとも参考にしてください。

不動産投資はサラリーマンに向いているのか

現在、中古ワンルームマンションなどを所有して不動産投資を行っている人の種類は多岐にわたりますが、中でもオーナーの大半は民間企業に勤める一般のサラリーマンだといわれています。

不動産投資は、銀行融資の受けやすさやリスク管理、実際の大家業務など、様々な面においてサラリーマンに向いているとされるポイントが数多くあり、それらについてまずは全体的に理解しておくことが大切です。

不動産投資はサラリーマンに
向いているのか

不動産投資の節税効果

不動産投資では所得税や住民税、贈与税や相続税といった、複数の税金に関して節税効果を得られることがあります。しかし、不動産投資で充分に節税効果を得ようとすれば、そもそも赤字運用が前提になることもあり、自分にとってどうして不動産投資を行っているのか目的を見失ってはいけません。

節税効果だけを目的とするのでなく、節税はあくまでも不動産投資におけるメリットの1つとして認識しておくようにしましょう。

不動産投資の節税効果

不動産投資に必要な資金はどのくらい?

不動産投資を始めようとすれば、まずは物件購入費や諸費用といった初期費用を支払わなければなりません。

どの程度の自己資金が必要になるかは、どれくらいの頭金を用意してどの程度の融資を受けるのか、どの不動産投資会社を選ぶのかなど、いくつもの条件によって異なります。また、不動産投資を開始後にも様々なコストがかかるため、運用後もしっかりと見据えた収支計画をシミュレーションしておくことが欠かせません。

不動産投資に必要な資金は
どのくらい?

不動産投資ローンについて学ぶ

不動産投資ローンは、投資用マンションやアパートなど、居住目的でなく投資目的の物件の購入に関して利用できる事業用のローンです。

不動産投資ローンでは、通常の住宅ローンと異なり、ローン返済の財源は家賃収入が主となります。そのため、自己資金が少なくてもローンを受けられる反面、投資計画や事業の採算性が細かく審査されるため、審査を申し込む前にきちんとポイントを把握して準備しておくことが必要です。

不動産投資ローンについて学ぶ

不動産投資信託(REIT)とは

不動産投資信託(REIT)は、不動産投資の専門会社(投資法人)へ資金を支出して、運用益を配当金として受け取る金融商品です。

自分が物件オーナーになる不動産投資と異なり、不動産投資信託ではあくまでも投資家は資金を支出するだけなので、忙しい人や初心者であっても始めやすくなっています。

しかし、その一方でマンションを保有できないなどのデメリットもあり、まずは不動産投資との違いをきちんと確認しておきましょう。

不動産投資信託(REIT)とは

不動産投資初心者が知っておくべき基礎知識

サラリーマンのためのワンルームマンション投資

現役著名大家たちが語る「不動産投資成功の法則」

ワンルームマンション投資のセミナーレポート

ルールを知れば失敗を回避できる! 不動産投資に失敗しないためのルール

不動産投資におけるエリアの選び方

運営者情報

プライバシーポリシー

TOP