【初心者向け】サラリーマンのためのおすすめ不動産投資ナビ » 不動産投資初心者が知っておくべき基礎知識 » 中古ワンルームマンション投資は都心と地方のどちらにすべき?
Real Estate Investment

中古ワンルームマンション投資は都心と地方のどちらにすべき?

このページでは、都心と地方のどちらの物件で中古ワンルームマンション投資を行うべきなのか、不動産投資の戦略について総合的に解説しています。

都心と地方のどちらが中古ワンルームマンション投資に有利?

一般的には都心の物件の方が有利

中古ワンルームマンション投資に限らず、不動産投資においては物件に対する賃貸ニーズなどが高いエリアほど有利だといえます。なぜならそもそも人が多い都心の方が、人口が減少傾向にある地方よりも賃貸物件に対する需要が高いと考えられるからです。

そのため、一般論としては都心の物件の方が、中古ワンルームマンション投資においても有利になると考えられるでしょう。

ただし、基本的な考え方として都心が有利であるとしても、実際は都心と地方でそれぞれにメリット・デメリットがあり、自分が不動産投資を始めるにあたっては、全ての要素を総合的に検討していくことが重要です。

都心で中古ワンルームマンション投資を始めるメリット・デメリット

都心の物件のメリット

賃貸ニーズが高い

人口が多く、入れ替わりも激しい都心では、賃貸ニーズも高い傾向があり、中古ワンルームマンション投資を始めようとしている人にとってはメリットが大きいと言われています。

不動産投資において特に懸念すべきリスクの1つが空室リスクであり、どれほど魅力的な不動産を見つけても、そもそもその部屋に入居を希望する人が現れなければ家賃収入は発生しません。

賃貸ニーズの高い都心物件を投資対象とすることは、空室リスクを軽減する上で有効な手段の1つであり、それだけを見ても都心物件を選ぶ価値はあると考えられます。

物件の選択肢が多い

都心には中古ワンルームマンション投資を始められる対象物件が多く、色々と物件を比較検討しながら自分にとって適切な投資プランを考えられます。

比較対象が多いほど様々な条件を検討しながら投資戦略を練られるため、自分なりに納得して投資を始めやすい点は大きなメリットでしょう。

物件価値が高いため売却もしやすい

都心物件の全てがそうとは限りませんが、基本的に都市部の物件として価値が高い不動産であれば、売却時にも相応の金額で売れると想定されます。

不動産の売却タイミングは、不動産投資における出口戦略を考える上で重要なポイントであり、売却時のことも考えた上で事業計画を構築することが大切です。

都心の物件のデメリット

物件価格が高い

都心物件の大きなデメリットが、物件価格が高く、不動産投資の初期コストが増大しがちだという点です。

不動産投資は最初の物件取得に費やしたコストを、家賃収入などの収益によって回収していく長期的な資産運用といえます。そのため、物件価値が高いことは利回りに直結してしまい、結果としてそもそも不動産投資を始めるべきかという問題に直面します。

都心物件の価格が高くなりがちな理由としては、単に都会の物件だからというだけでなく、投資対象として人気があるという点も挙げられます。

都心物件で中古ワンルームマンション投資を始めようと考える場合、初期コストやランニングコストと、想定される家賃収入などについて、細かくシミュレーションを行った上で投資価値を判断するようにしてください。

人の入れ替わりが激しい

人の入れ替わりが激しい都心部では、賃貸ニーズが高い反面、退去者も少なくありません。

退去者が出た場合、新しい入居者が見つかるまで家賃収入の空白期間が生じる上、賃貸契約の条件についても改めて新しい入居者と交渉することになります。

そのため、必ずしも最初の入居者と同条件で次の入居者が見つかるとは限らないことも覚えておきましょう。

地方で中古ワンルームマンション投資を始めるメリット・デメリット

地方の物件のメリット

物件が安い

地方で中古ワンルームマンション投資を始める大きなメリットは、物件の取得費が安く、初期コストを抑えられるという点です。

そのため、今後開発が予定されており、人口の増加が見込まれる地方都市で手頃な物件を見つけられれば、将来的に投資価値が高まっていくことも期待できます。

地方の物件のデメリット

都心に比べて賃貸ニーズが高くない

地方と都心を比べた場合、地方の賃貸ニーズはどうしても都心に及ばないことが大半です。また、都心と比べて入居者の多様性が少なく、不動産投資のプランの幅が狭いという点もデメリットといえるでしょう。

つまり、都心であれば様々な人を入居者候補としてターゲティングできるものの、地方では最初からある程度まで入居者候補を絞って運用しなければなりません。

家賃は安いのに修繕コストは都心とあまり変わらない

都心と地方では物価の差があり、地方の物件の方が家賃設定を安くしなければならないことが一般的です。

一方、修繕に必要な物資の価格や工事費といったコストは日本全国で極端に差が生じるものでもなく、結果的に地方の物件の方が相対的にランニングコストが高くなってしまう可能性もあります。

【まとめ】自分の投資ニーズを専門家に相談すべき

都心物件であれ地方物件であれ、それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらを選ぶかによって投資の戦略も変わってきます。

投資戦略は単に金額だけで考えるべきでなく、あくまでも自分にとってどうして不動産投資を始めたいかというニーズにもとづいて考えなければなりません。

そのため、安易に都心物件だけが良いと決めつけるのでなく、不動産投資の専門家に相談しながら、自分が本当に納得できる選択をしていくように心がけてください。

⼊居率99%超!
中古ワンルームマンション
投資会社を
ピックアップ!

入居率99%越えのワンルームマンション投資の仲介企業の中から、入居率が高い順に3社ピックアップしました。
それぞれの特徴とともに詳しく解説していきます。
※入居率は2021年3月31日時点のものを掲載しています。